文芸社のオンライン・ライブラリみんなの本町

文芸社HP

キーワードで作品検索

キーワードを入力
 
作品ジャンルで絞り込む

作品ジャンルから探す

SSL Certificate
『みんなの本町』における情報通信は
COMODOのSSLにより保護されています。

    • Library
      組版データをベースにPDF化した作品
    • Archive(ファイルサイズ 大)
      紙の本をベースにPDF化した作品
詩集 影踏み

清水希有(しみずけう)

評価した人の総数:0人 オススメ総数:(0コ)
あなたが最初にコメントしてみませんか?

作品紹介

ジョルジュ・バタイユをはじめとする、フランス文学に精通した著者が放つ、高い美意識から生まれた珠玉の詩集。デカダンス、皮肉、ペーソスの色彩が強いが、その根底にあるのは人生の移ろいに対する作者の透徹した眼である。フランスに語学研修に行った際、ニースで「花合戦」を目撃し、その体験に触発されて生まれた一篇が「満ち潮」であり、ユーロの香りがそこかしこに漂っている。
  • ファイルサイズ:1.5 MB
  • ファイル形式:pdf
ジャンル:
詩集・俳句・短歌 > 詩集 > その他
ダウンロードするには、会員登録・ログインが必要です。

著者プロフィール

1964年生まれ、茨城県出身。
日本大学国際関係学部国際文化学科フランス語コースを卒業後、早稲田大学第一文学部に学士入学。
フランス文学を専攻して卒業。
卒業論文はジョルジュ・バタイユ(「『太陽肛門』について」)。
この卒論は、一言で云えば、ロラン・バルトがバルザックの短編「サラジーヌ」に対して行ったような構造分析(『S/Z』)を、ジョルジュ・バタイユの散文詩「太陽肛門」に対して行ったとも言うべき、構造主義の影響が強い論文である(この当時、ロラン・バルトの論文は未見であった)。
早稲田大学在学中の1987年、夏の長期休暇を利用してフランスへ語学研修に行った際、ニースで「花合戦」を目撃し、その体験に触発されて出来たのが「満ち潮」である。
一時期、エコロジー関連の雑誌の編集部で編集者として働く。
未刊の翻訳、執筆活動などを行う。
趣味は、映画鑑賞、絵画鑑賞、ロック・コンサートに行くこと、読書、描画(デッサン)など。
茨城県在住。

※この情報は、初版刊行時のものです。

この作品に対する評価

評価した人の総数:0人 オススメ総数:0

この作品に対するコメントを書き込むには会員登録・ログインが必要です。

最近ダウンロードされた作品