文芸社のオンライン・ライブラリみんなの本町

文芸社HP

キーワードで作品検索

キーワードを入力
 
作品ジャンルで絞り込む

作品ジャンルから探す

SSL Certificate
『みんなの本町』における情報通信は
COMODOのSSLにより保護されています。

    • Library
      組版データをベースにPDF化した作品
    • Archive(ファイルサイズ 大)
      紙の本をベースにPDF化した作品
あなたが生きて逝くために ─町医者のひとりごと─

原田晴久(はらだはるひさ)

評価した人の総数:3人 オススメ総数:(12コ)★★
この作品に対する評価を見る

作品紹介

私たちは生まれて、老いて、病を得て、そして死にゆく者。死に際を真正面からみつめることができない限りは、生ききることも死にきることもできないのではないか……。もともと「健康」「不健康」で分けて考えるのが狭量なのである。医療の現場で心の通う病や死、看取りを経験してきた者として、病や老いを否定する風潮に異を唱え、真剣に命を語る温かい一冊。
  • ファイルサイズ:1.7 MB
  • ファイル形式:pdf
ジャンル:
小説・エッセイ > エッセイ > その他
ダウンロードするには、会員登録・ログインが必要です。

著者プロフィール

1958年、静岡県生まれ。
医学博士。
1984年に信州大学医学部医学科を卒業後、信州大学医学部旧第一外科に入局。
日本外科学会認定外科指導医として勤め、旧国立中信松本病院外科医長を経て、長野県塩尻市にて介護施設、クリニックを開設する。
日本プライマリ・ケア連合学会認定医
日本認知症ケア学会認知症ケア専門士
日本医師会認定産業医、他。

※この情報は、初版刊行時のものです。

この作品に対する評価

評価した人の総数:3人 オススメ総数:12

この作品に対するコメントを書き込むには会員登録・ログインが必要です。

  • 今を生きる者として

    2016/05/08 投稿者:楓 オススメレベル:★★★★★

    偶然、娘を連れて行ったクリニックの待合に置かれていました。
    待合室では時間がなく気になるタイトルに後ろ髪を引かれながらも帰宅し、診察していただいた先生の書籍だと帰ってから気づきました。
    ネットや図書館も探しましたが見つからず、こちらからダウンドードして一気に読みました。
    がん患者として6年目になる私は、看取りについてとても興味があります。
    そして今も、ピアサポーターとしてがん患者への傾聴に関わっています。
    「生まれ落ちて、やがて死んでいく〜その道すがら、どんな世界でどんな模様が描けるのであろうか」
    この一文が私の心に響きました。
    病を得て視界不良を体感したからこそ、今を生きている私がどんな世界を描いていけるのか、肩の力を抜き生きてみたいそう感じさせてもらった1冊です。

    作品をダウンロードして読んでみる(要会員登録・ログイン)。
  • 気になる本です

    2016/01/07 投稿者:ゆりハッセー オススメレベル:★★

    ダウンロード 無料ですよね。
     おっかな びっくりの年寄です。ほんとは読みたいんだけど  

    作品をダウンロードして読んでみる(要会員登録・ログイン)。
  • ひとりごと

    2015/12/17 投稿者:御厨 オススメレベル:★★★★★

    パソコン先生が多い中で哲学的に患者と接し往診する先生が現存することに感謝・万歳。
    「心の訳」はまだ理解できず。
    82歳多くの命を食して来たので、他の命の役にたちて終焉が希望ながら「棺桶」には自分で入れない。

    作品をダウンロードして読んでみる(要会員登録・ログイン)。

最近ダウンロードされた作品