文芸社のオンライン・ライブラリみんなの本町

文芸社HP

キーワードで作品検索

キーワードを入力
 
作品ジャンルで絞り込む

作品ジャンルから探す

SSL Certificate
『みんなの本町』における情報通信は
COMODOのSSLにより保護されています。

    • Library
      組版データをベースにPDF化した作品
    • Archive(ファイルサイズ 大)
      紙の本をベースにPDF化した作品
『奥の細道』後日之怪談

工藤隆哉(くどうりゅうや)

評価した人の総数:0人 オススメ総数:(0コ)
あなたが最初にコメントしてみませんか?

作品紹介

愛弟子は果たして、真の弟子になり得るか? 芭蕉の生い立ちから『奥の細道』までの波乱の生き様を曾良の目で追う現代の怪談──芭蕉考──。まるで身を切られるような鋭い描写が読者を引きつける小説。聞いたことはあっても芭蕉の作品を読む機会に恵まれなかった人も、逆に芭蕉研究者も驚く考察に満ちた小説である。経験したことのないミステリーの世界に読者を誘う卓抜した描写。
  • ファイルサイズ:1.6 MB
  • ファイル形式:pdf
ジャンル:
小説・エッセイ > 小説 > ミステリー
ダウンロードするには、会員登録・ログインが必要です。

著者プロフィール

1948年(昭和23年)、宮城県生まれ。
慶応義塾大学法学部卒業後、東京の某船会社に入社。
その後、フリーとなり、各国を旅する。
予備校講師などを経て、クラフトサロン「風雅堂」を開店する。
“風雅堂亭主”のペンネームで2007年、文芸社より『山と旅と歌と』を出版。
2012年、創栄出版より『旅する人のうた物語』を出版。
趣味は、旅とスキーとピアノ。

※この情報は、初版刊行時のものです。

この作品に対する評価

評価した人の総数:0人 オススメ総数:0

この作品に対するコメントを書き込むには会員登録・ログインが必要です。

最近ダウンロードされた作品