文芸社のオンライン・ライブラリみんなの本町

文芸社HP

キーワードで作品検索

キーワードを入力
 
作品ジャンルで絞り込む

作品ジャンルから探す

SSL Certificate
『みんなの本町』における情報通信は
COMODOのSSLにより保護されています。

    • Library
      組版データをベースにPDF化した作品
    • Archive(ファイルサイズ 大)
      紙の本をベースにPDF化した作品
塀の中の住人たち

鈴木松男(すずきまつお)

評価した人の総数:5人 オススメ総数:(19コ)★★★★★★★★★
この作品に対する評価を見る

作品紹介

36年間、刑務所の刑務官を務めた著者。高い塀に囲まれ社会と断絶された世界、拘禁され更正を図る受刑者、その監視と規律維持等にあたる刑務官。そこには、さまざまな出来事が……。その悲喜交々のドラマチックな出来事を、「看守への道」「宇都宮刑務所」「黒羽刑務所」「千葉刑務所」「水戸少年刑務所」「市原刑務所」「静岡刑務所」「熊谷拘置支所」「水戸少年刑務所」の章立てで綴る。
  • ファイルサイズ:1.9 MB
  • ファイル形式:pdf
ジャンル:
小説・エッセイ > エッセイ > 社会
ダウンロードするには、会員登録・ログインが必要です。

著者プロフィール

昭和23年2月12日、栃木県に生まれる。
昭和41年2月、陸上自衛隊に入隊し、4年間勤務後、
昭和45年4月に宇都宮刑務所の看守を拝命する。
黒羽、千葉、水戸少年、市原、静岡の各刑務所、そして熊谷拘置支所を経て、再び水戸少年刑務所に勤務する。
定年を2年後にひかえて、勧奨退職。
36年間、刑務官を務める。
千葉県在住。

※この情報は、初版刊行時のものです。

この作品に対する評価

評価した人の総数:5人 オススメ総数:19

この作品に対するコメントを書き込むには会員登録・ログインが必要です。

  • 塀の中の住人たち

    2016/06/16 投稿者:せいや オススメレベル:★★★

    脚色が無いから❗迫力は無いしかしリアルな話だと思う‼

    作品をダウンロードして読んでみる(要会員登録・ログイン)。
  • 堀の中の人間ドラマを堪能

    2014/07/09 投稿者:生茶 オススメレベル:★★★★

    読了して、受刑者たちだけでなく、刑務官もまたさまざまな人がいることを教えられました。後段へいくほどに、焦点は刑務官へと当てられてゆきますが、その中でも「典獄様」はなんとインパクトのある御仁でしょう。「私の後任に、京都から典獄が来ます。いずれ春が来ますので、堪え忍んでください」とは何とも不可解な挨拶ですが、まさにこの言葉通りになろうとは…この典獄様の一連のエピソードには、いやはや一驚を喫しました。本当にいろいろな「方」がいるものですね。

    作品をダウンロードして読んでみる(要会員登録・ログイン)。
  • 人を見つめる眼差しが優しい。

    2014/07/08 投稿者:新宿地下系 オススメレベル:★★★★

    22歳から刑務官となった著者のノンフィクション。
    普段見ることが出来ない世界だが、ごくごく一般的な感性で綴られており、地続きの世界として身近に感じることが出来る。
    著者の知り合いや、元刑務官が入所してくるなど、”事実は小説より奇なり”とはこのことだなと感じる話も多数。
    受刑者や刑務官を案じる眼差しがとても優しく、もし刑務所のご厄介になるとしたら、このような方と出会いたいものだと思う。

    作品をダウンロードして読んでみる(要会員登録・ログイン)。
  • 興味深いことがたくさん。

    2014/06/27 投稿者:shirokuro オススメレベル:★★★

    役職、仮名の人物がたくさん登場し、途中で混乱してしまったものの、なかなか見ることの出来ない世界を描いた作品は、やはり面白い。
    被害者より受刑者寄りな書き方だと思う部分も多少あったが、そういう人が刑務官だからこそ、受刑者も立ち直っていけるのかもしれない。

    作品をダウンロードして読んでみる(要会員登録・ログイン)。
  • 塀の中の実態が見事に描かれている。

    2014/06/03 投稿者:よこちゃん オススメレベル:★★★★★

    ノンフィクションの真骨頂!!
    長年刑務官を勤めた著者だからこそ書けた作品。
    読めば塀の中のイメージが変わるかも・・・

    作品をダウンロードして読んでみる(要会員登録・ログイン)。

最近ダウンロードされた作品

走れ!SLのぞみ号

絵と文:松原一世

だいちゃんのきいろいけしゴム

さく・え:ゆめさきそら

シャーロット

渚水帆