文芸社のオンライン・ライブラリみんなの本町

文芸社HP

キーワードで作品検索

キーワードを入力
 
作品ジャンルで絞り込む

作品ジャンルから探す

SSL Certificate
『みんなの本町』における情報通信は
COMODOのSSLにより保護されています。

    • Library
      組版データをベースにPDF化した作品
    • Archive(ファイルサイズ 大)
      紙の本をベースにPDF化した作品

大橋秀雄(おおはしひでお)

評価した人の総数:0人 オススメ総数:(0コ)
あなたが最初にコメントしてみませんか?

作品紹介

昨今の青少年の犯罪を憂慮し、教育の原点である家庭における躾を中心に、学校教育や政治家の倫理にまで言及したエッセイ集。著者が育った時代と今とを比較しながら、子育てには何が必要か、躾とはどういう風に身についていくものなのかを具体的に述べている。大家族のメリット、生き物に触れる体験、我慢の大切さ、オッパイがとりもつ肌と肌のふれあいなど、現代では失われつつある体験の重要さを語り、それらを失くした結果としての家庭内暴力を「親たちが育てたもの」と一喝する。子育て中の親たちに是非とも読んでもらいたい一冊。
  • ファイルサイズ:2.4 MB
  • ファイル形式:pdf
ジャンル:
教育・実用・語学 > 教育 > 子育て
ダウンロードするには、会員登録・ログインが必要です。

著者プロフィール

旧姓 嶋田秀雄
昭和8年2月生まれ。
北海道網走市字呼人出身。
昭和23年3月、網走市立第一中学校卒業(第一期生)。
昭和32年、結婚と同時に弟子屈町に移住。現在に至る。
昭和39年3月、建設会社設立。社長就任。
平成16年、廃業。現在は無職。
趣味は、35ミリカメラ、ビデオカメラ、大型バイク(ハーレーダビッドソン サイドカー付き)
平成元年より道内各市町村の招待で交通安全パレードに多く参加。また、毎年道内ツーリング一人旅も楽しんでいる。

※この情報は、初版刊行時のものです。

この作品に対する評価

評価した人の総数:0人 オススメ総数:0

この作品に対するコメントを書き込むには会員登録・ログインが必要です。

最近ダウンロードされた作品