文芸社のオンライン・ライブラリみんなの本町

文芸社HP

キーワードで作品検索

キーワードを入力
 
作品ジャンルで絞り込む

作品ジャンルから探す

SSL Certificate
『みんなの本町』における情報通信は
COMODOのSSLにより保護されています。

    • Library
      組版データをベースにPDF化した作品
    • Archive(ファイルサイズ 大)
      紙の本をベースにPDF化した作品
語り部の言葉を読む旧約日本史

大西韶治(おおにしじょうじ)

評価した人の総数:0人 オススメ総数:(0コ)
あなたが最初にコメントしてみませんか?

作品紹介

古事記では消された語り部の言葉が竹内文書の中では「変則のルビ」という変えられた姿で記されているのを発見! 語り部が語った音声の真実の意味を解読した! 竹内文書の「神代と上古朝」を「巳族文書」と名付けたのはなぜか?──。在野の研究者が、古代から伝わる歴史書『竹内文書』をひもときつつ『古事記』の不足を補い、真実の神代史を探るシリーズの第4弾。
  • ファイルサイズ:2.3 MB
  • ファイル形式:pdf
ジャンル:
歴史・戦記 > 歴史 > 歴史(日本)
ダウンロードするには、会員登録・ログインが必要です。

著者プロフィール

昭和5年9月29日、福岡県福岡市高宮にて出生。
昭和30年3月、九州大学医学部医学科卒業。
昭和38年4月、国立福岡中央病院外科勤務。
昭和43年5月、日出中央外科医院開業。
医学博士
日本外科学会認定医

■著書
『句集魚の目』(随想社、1998年6月)
『音声言語の中の歴史』(近代文芸社、1999年7月)
鵜草葦不合尊の真実─国土の盾が誕生』(文芸社、2003年7月)
『天陽伝─二千年の眠りを覚ました神代の創始から古事記まで』(文芸社、2004年10月)
『驚嘆の日本列島史』(文芸社、2006年7月)
『日之神の岩刻図と巳族文書』(早稲田出版、2008年7月)
等。

※この情報は、初版刊行時のものです。

同じ著者の作品

この作品に対する評価

評価した人の総数:0人 オススメ総数:0

この作品に対するコメントを書き込むには会員登録・ログインが必要です。

最近ダウンロードされた作品