文芸社のオンライン・ライブラリみんなの本町

文芸社HP

キーワードで作品検索

キーワードを入力
 
作品ジャンルで絞り込む

作品ジャンルから探す

SSL Certificate
『みんなの本町』における情報通信は
COMODOのSSLにより保護されています。

    • Library
      組版データをベースにPDF化した作品
    • Archive(ファイルサイズ 大)
      紙の本をベースにPDF化した作品
時を超えて(日本文学館・刊)

大海原鯱子(おおうなばらしゃちこ)

評価した人の総数:0人 オススメ総数:(0コ)
あなたが最初にコメントしてみませんか?

作品紹介

(作品冒頭400字)
 正倉院に収められている聖武天皇遺品の中の筝は四点ほど現存しているが、その中で一点だけが、ほかの絃楽器と一緒に倉の外へ出され、返納の際には別の筝に替えられていたという話がある。実はその筝は、時を経て名工による修理が施され、どこかに眠っているのだが、その存在は知られていない。
 平安の時代、かの有名な光の君に嫁ぎ、世継ぎにも恵まれ、その生涯を幸せに暮らした明石の君の話があるが、その姫の遠縁にあたる子女に、香姫という天真爛漫な姫がいた。この時代の地方の権力者のお子たちは、乳母を中心に養育係が置かれ、熱心に教育された。香姫も、ゆくゆくは京の都に縁を持ってほしいと考えられていた。地方豪族の娘とて、明石の姫君のことも身近にあったので、将来どのような幸運が訪れるかわかったものではない、と周囲からも思われていた。
 香姫をお育て申し上げることになった教育係のお巻という乳母は、いろいろなことに秀でていた。彼女……(つづく)
  • ファイルサイズ:2.9 MB
  • ファイル形式:pdf
ジャンル:
小説・エッセイ > 小説 > 歴史
ダウンロードするには、会員登録・ログインが必要です。

著者プロフィール

1958年生まれ
しし座
血液型 0型
岡山県出身

この作品に対する評価

評価した人の総数:0人 オススメ総数:0

この作品に対するコメントを書き込むには会員登録・ログインが必要です。

最近ダウンロードされた作品