文芸社のオンライン・ライブラリみんなの本町

文芸社HP

キーワードで作品検索

キーワードを入力
 
作品ジャンルで絞り込む

作品ジャンルから探す

SSL Certificate
『みんなの本町』における情報通信は
COMODOのSSLにより保護されています。

    • Library
      組版データをベースにPDF化した作品
    • Archive(ファイルサイズ 大)
      紙の本をベースにPDF化した作品
赤いカラス

四八月江都(よやつきこうと)

評価した人の総数:2人 オススメ総数:(9コ)★★★★★★★★★
この作品に対する評価を見る

作品紹介

いたずらばかりするカラスのカヂャクに、一の森のほかの動物たちはほとほと困りはてていました。そこで、いちばん遠い十の森に隠れて、カヂャクをひとりぼっちにさせてしまおう、と考えつきます。だけど、十の森にいくのは、とても大変なこと。はたして動物たちは無事にたどりつくことができるのでしょうか。そして、ひとりになったカヂャクはどうするのでしょうか……。
  • ファイルサイズ:2.3 MB
  • ファイル形式:pdf
ジャンル:
童話・絵本・漫画・画集・写真集 > 童話・絵本・漫画 > 童話
ダウンロードするには、会員登録・ログインが必要です。

著者プロフィール

1956年生まれ。
北海道出身。
地元の高校を卒業後、実家の酪農を手伝う。
北海道在住。

本文イラスト/狐太郎

※この情報は、初版刊行時のものです。

この作品に対する評価

評価した人の総数:2人 オススメ総数:9

この作品に対するコメントを書き込むには会員登録・ログインが必要です。

  • 2017/12/01 投稿者:下立山 オススメレベル:★★★★★

    作品をダウンロードして読んでみる(要会員登録・ログイン)。
  • パラダイスの森!

    2014/10/06 投稿者:にゃにゃ オススメレベル:★★★★

     へそ曲がりなカラスが、動物たちと和解するまでを描いたアニマルファンタジーである。

     
     カラスの「カジャク」のいたずらに、堪忍袋の緒を切らした一の森の動物たちは、「カジャク」にお灸を据えるために、大胆な計画を立てる。一時的に動物たちは、別の森へ移住することに決めたのだ。移住先として候補に挙がったのは十の森。クマの「ドーソン」とシカの「コスモ」が代表して、十の森を仕切っているヒグマとの交渉に出かける。

    途中、幾つもの難関が待ち受けるが、親切な助人に危ないところを救われたり、貴重な情報を提供してもらいながら、どうにか目的地にたどり着く。このあたりの展開は冒険ものに付き物ながら、「カジャク」や「コスモ」の幸せな結婚に繋がる、重要な伏線となっている上、アドベンチャー気分も十分に味わわせてくれる。

     「カジャク」は、自分の気持ちに正直になるよう諭され、タカとともに動物たちの危機を救うために、十の森に向かう。動物たちが絶体絶命の場面で、大きなヒグマ相手に、一歩も引かずに攻撃を仕掛ける。この時の「カジャク」の行動には、仲間を守りたいという思いに溢れている。破竹の活躍をみせた「カジャク」に、お嫁さん候補が大挙して訪れたというのも頷ける。

     タイトルの「赤い」の理由が明らかになる件では、災い転じて福となり、「カジャク」は見事に別嬪のお嫁さんを手に入れる。以後、森の名前は、そんな「カジャク」に因んで「赤いカラスの森」と呼ばれるようになったという後日談が、カラスと動物たちとの真の融和を物語っている。

     ひとつ物足りなかったのは、ヒグマが悪役のまま物語が終わってしまったこと。作者のメッセージを尊重するのであれば、次回、ヒグマの名誉回復を、是非とも実践してほしい。

    作品をダウンロードして読んでみる(要会員登録・ログイン)。

最近ダウンロードされた作品