文芸社のオンライン・ライブラリみんなの本町

文芸社HP

キーワードで作品検索

キーワードを入力
 
作品ジャンルで絞り込む

作品ジャンルから探す

SSL Certificate
『みんなの本町』における情報通信は
COMODOのSSLにより保護されています。

    • Library
      組版データをベースにPDF化した作品
    • Archive(ファイルサイズ 大)
      紙の本をベースにPDF化した作品
噂の美猫・タマが往く

杉原登美江(すぎはらとみえ)

評価した人の総数:2人 オススメ総数:(10コ)
この作品に対する評価を見る

作品紹介

死ぬなんて想像もつかないほど、いつも一緒だった犬も、毎日当たり前のように餌を食べにくる猫も、いつかは嘘のように動かなくなる。そんな生と死を幼い頃から体験してきた著者が、今までに触れ合ってきた小さな動物の命を描いたエッセイ。近所の野良猫、家で飼われていた小鳥、そして外から拾って帰る傷ついた小動物たち……。いつかはいなくなることが分かっているからこそ、存在そのものが愛おしい。そんな気持ちに気付かされる一冊。
  • ファイルサイズ:1.3 MB
  • ファイル形式:pdf
ジャンル:
小説・エッセイ > エッセイ > その他
ダウンロードするには、会員登録・ログインが必要です。

著者プロフィール

生まれも育ちも東京都大田区。血液型O型、おとめ座。
父は秋田県、母は長崎県生まれで、東北人と九州人の血が流れる。
尊敬する人物は、昔も今も、天国在住の父と母。
長年変わらぬ趣味は、愛犬、愛鳥、愛亀をひき連れ、移動動物園さながら、日本中を旅すること。
遠い昔、大学受験失敗が人生最初の挫折(?)だが、あくまでも前向き、楽天家。立ち直りの早さは数少ない貴重な特技のひとつ。
その後飛び込んだ広告の世界にどっぷりと浸かり、TVCMのキャスティングプロデューサーとして、(有)オフィス・トミーを設立。
手掛けた大手企業のTVCMは、バブル期で年間150本以上、雑誌やポスターなどスチール広告数十本。
30年余りの時が流れた。その間の殺人的なスケジュールと責任の重圧に、胃潰瘍にもならずに無事、突っ走ってこれたのは、常に身近にいた動物たちの癒しのお陰だと確信する。
先頃、広告業界を引退し、ゆるゆると平穏なる時が流れると思いきや、なぜか常に慌ただしく、プラス志向で次なる夢を追いかけている。

※この情報は、初版刊行時のものです。

この作品に対する評価

評価した人の総数:2人 オススメ総数:10

この作品に対するコメントを書き込むには会員登録・ログインが必要です。

  • 島原半島・猫海岸

    2014/06/23 投稿者:愛飢え男 オススメレベル:★★★★★

    猫好きの人の「猫物語」と思って読み始めたら、ちがった。
    「猫海岸」で、空に子猫をほうりなげる老婆……描写の巧みさがその場面にでくわした子どもの震える心を見事に描いていた。
    読み終えてもその場面が繰り返しうかび、人間の罪深さ、いや、命あるものが生きる難しさを、どーんと考えさせられた。
    「命をたいせつに」「地球にやさしく」などのサラーッとしたお題目だけじゃない重いテーマを、様々な光をあてながら描いた力作だ。

    作品をダウンロードして読んでみる(要会員登録・ログイン)。
  • 地球は多様な種が共存しているからこそ美しい生命体

    2014/05/22 投稿者:にゃにゃ オススメレベル:★★★★★

    この作品には猫、亀、ハト、カマキリ、ミツバチ、熱帯魚といった、色々な動物たちが登場する。偶然、必然的に彼らと関わりをもった「私」は、その命を救おうと努めるが、必ずしもハッピーエンドを迎えるとは限らない。しかし、それこそが現実である。そして、そんな「私」を含めた人間は、実は彼らと同じ「動物」の一員に過ぎない。こんな簡単な事実を忘れ、傲慢になる一方の我々人間に、この大事なことを思い出させてくれる良書である。

    作品をダウンロードして読んでみる(要会員登録・ログイン)。

最近ダウンロードされた作品

濃姫春秋 下巻

山本惠以子

濃姫春秋 上巻

山本惠以子

マトモスコープ

だるまもり

西の魔女

トト