文芸社のオンライン・ライブラリみんなの本町

文芸社HP

キーワードで作品検索

キーワードを入力
 
作品ジャンルで絞り込む

作品ジャンルから探す

SSL Certificate
『みんなの本町』における情報通信は
COMODOのSSLにより保護されています。

    • Library
      組版データをベースにPDF化した作品
    • Archive(ファイルサイズ 大)
      紙の本をベースにPDF化した作品
流浪のノラ猫ノーチン

南竹廣明(みなみたけひろあき)

評価した人の総数:2人 オススメ総数:(7コ)★★★★★★★
この作品に対する評価を見る

作品紹介

エッセイの主人公「俺」は、関西弁をしゃべるノラ猫。小さいころ捨てられて以来放浪していた「俺」は、餌にありつくために度々訪れた家のおっちゃんとおばちゃんに、ノーチンと名付けられた。飼い犬のゴンや小太郎、ノラ猫の花子、ノーチンの子のタコたちとのこれまでの年月が、ノーチンの視線で語られ、数々の写真が添えられている。ノラ猫が生きていくことの厳しさに触れながらも、やさしい語り口の関西弁が読むものの心をほっとさせてくれる。ユーモアに溢れてちょっと切ない、本当にあったお話。
  • ファイルサイズ:1.2 MB
  • ファイル形式:pdf
ジャンル:
小説・エッセイ > エッセイ > その他
ダウンロードするには、会員登録・ログインが必要です。

著者プロフィール

昭和24年生まれ。
鹿児島県出身、大阪府在住。
鹿児島電子工業高等学校(現鹿児島情報高等学校)卒業後、電気建設の会社に入社。
その10年後、調理師となる。

※この情報は、初版刊行時のものです。

この作品に対する評価

評価した人の総数:2人 オススメ総数:7

この作品に対するコメントを書き込むには会員登録・ログインが必要です。

  • 感想

    2019/07/27 投稿者:伊賀の影丸 オススメレベル:★★★★★

    飼い猫が突然、飼い主が家に戻らない日々が続く事は、猫にとって一大事だし、責任も無い訳で、又他の人が観かねて「家に来ない 」なんて、声をかけてくれる人も恐らく少ないと思います。飼い主が戻って来ない事を悟った時の辛さは、人間よりも、辛い日々が続き、これから野良猫と成り、生きるすべ、覚悟は有るかと問うた時、本当に辛いと思います。が、この作品を読む限り、ハッピーに終わった事が救いかと思いました。こんな救いの神が多くなります様、心から祈っております。

    作品をダウンロードして読んでみる(要会員登録・ログイン)。
  • 2016/06/26 投稿者:もね オススメレベル:★★

    作品をダウンロードして読んでみる(要会員登録・ログイン)。

最近ダウンロードされた作品

海からの手紙

作:長谷川和子/絵:篠原由佳梨

山羊の檻

柳永千哲

濃姫春秋 上巻

山本惠以子