文芸社のオンライン・ライブラリみんなの本町

文芸社HP

キーワードで作品検索

キーワードを入力
 
作品ジャンルで絞り込む

作品ジャンルから探す

SSL Certificate
『みんなの本町』における情報通信は
COMODOのSSLにより保護されています。

    • Library
      組版データをベースにPDF化した作品
    • Archive(ファイルサイズ 大)
      紙の本をベースにPDF化した作品
団塊おばさん言っちゃいます

クレセリコ(くれせりこ)

評価した人の総数:1人 オススメ総数:(4コ)★★★★
この作品に対する評価を見る

作品紹介

戦後生まれの団塊世代も社会の第一線から退く年齢となった。その歩んできた背景と、今思う、普通のおばさんが伝えたいこと──それは私達は皆、地球人だということだ。日本の平和憲法を守ること、広めること、それが戦争を体験した親を持つ、私達の使命なのかもしれない。世界中の子供達の未来のために……そのことを日本に住む在住外国人の友達から、私は学んだ。
  • ファイルサイズ:1.1 MB
  • ファイル形式:pdf
ジャンル:
小説・エッセイ > エッセイ > 社会
ダウンロードするには、会員登録・ログインが必要です。

著者プロフィール

昭和24年5月生まれ

この作品に対する評価

評価した人の総数:1人 オススメ総数:4

この作品に対するコメントを書き込むには会員登録・ログインが必要です。

  • 説得力のある言葉に感服

    2014/05/22 投稿者:りーぶる オススメレベル:★★★★

    沖見益弥氏の『平々凡々人 見方を変えて見よう』と一緒にダウンロード。どちらも著者は団塊世代。この作品の著者は、日本語教師として外国人を指導した経験がおありのようです。だからでしょうか、国際感覚を持ち合わせているというか、広い視野でものを考えられる人だな、との印象を受けます。大きく三部に分かれていて、一番おもしろかったのは第一章の自伝パート。特に受験生時代の回想は、政治の季節の真っただ中だった当時の日本の様子がリアルに描かれていると感じました。なぜ平和憲法が堅持されてきたのかについて考察した第三章も、政府与党が憲法解釈の変更を検討している今だからこそ、真摯に耳を傾けたいものです。

    作品をダウンロードして読んでみる(要会員登録・ログイン)。

最近ダウンロードされた作品