文芸社のオンライン・ライブラリみんなの本町

文芸社HP

キーワードで作品検索

キーワードを入力
 
作品ジャンルで絞り込む

作品ジャンルから探す

SSL Certificate
『みんなの本町』における情報通信は
COMODOのSSLにより保護されています。

    • Library
      組版データをベースにPDF化した作品
    • Archive(ファイルサイズ 大)
      紙の本をベースにPDF化した作品
「箸」の「箸」による「箸」のためのはなし

田中美穂子(たなかみほこ)

評価した人の総数:1人 オススメ総数:(4コ)★★★★
この作品に対する評価を見る

作品紹介

インターネットに携帯電話、私たちの周囲には、常に目まぐるしく変化する道具たちがある。そんな道具たちの中で、「箸」はその形状をほとんど変えずに、太古から連綿と使われてきた。そんな「箸」の語源や正しい持ち方、その驚くべき機能など、普段何気なく、当たり前に使っている「箸」にまつわる面白話、蘊蓄をまとめた。思わず人にも教えたくなる「箸」の雑学エッセイ。
“チョップスティックス”の語源は?/「箸」の数え方の意義/正しい持ち方に秘められた驚くべき力/カップヌードルと箸との関係/様々な用途に応じて変身する二本の棒など、いつもは端役の「箸」が主役の話がいっぱい!
  • ファイルサイズ:1.8 MB
  • ファイル形式:pdf
ジャンル:
小説・エッセイ > エッセイ > その他
ダウンロードするには、会員登録・ログインが必要です。

著者プロフィール

1955年、神奈川県出身。
貿易会社勤務、派遣の仕事などを経て、1987年から1988年にかけて、カナダでインターンシップ活動を経験。
本エッセイ集が初の出版。

※この情報は、初版刊行時のものです。

この作品に対する評価

評価した人の総数:1人 オススメ総数:4

この作品に対するコメントを書き込むには会員登録・ログインが必要です。

  • 偉大なるお箸

    2015/06/24 投稿者:ERI オススメレベル:★★★★

    実感や体験を交えつつ、お箸について語るエッセイです。
    著者は別にお箸研究家とかではないので、内容はまったく堅苦しいものではなく、ちょっと懐かしい話題もあったりして、楽しみながら読むことが出来ます。
    個人的に一番ツボだったのは、生活に馴染み過ぎて誰も注目しないであろうものについて考える、というそもそもの切り口です。笑
    地味な存在をとことん語る著者の姿勢も好き。
    それにしてもお箸は偉大ですね。それをさらっと使っている日本人も本当はすごいんじゃないかと思えてきます。
    この作品を読むときは、ぜひ手元にお箸を用意してください。
    読んでいると、改めてじっくりお箸を持ってみたいという変な気持ちがこみ上げてくるので…。

    作品をダウンロードして読んでみる(要会員登録・ログイン)。

最近ダウンロードされた作品

時の森

三国昌俊

何もない一日

秋優馬

DIVE ダイブ

夏希海幸