文芸社のオンライン・ライブラリみんなの本町

文芸社HP

キーワードで作品検索

キーワードを入力
 
作品ジャンルで絞り込む

作品ジャンルから探す

SSL Certificate
『みんなの本町』における情報通信は
COMODOのSSLにより保護されています。

    • Library
      組版データをベースにPDF化した作品
    • Archive(ファイルサイズ 大)
      紙の本をベースにPDF化した作品
戦国の女 第二十代人吉城主 相良長毎の妻

岐部明廣(きべあきひろ)

評価した人の総数:0人 オススメ総数:(0コ)
あなたが最初にコメントしてみませんか?

作品紹介

「なぜ、男は戦をするのであろうか……」。群雄割拠の戦国時代から秀吉の天下統一へ──。めまぐるしく変化する時代の流れの中、筑前古処山城主・秋月種実の女にして肥後人吉城主・相良長毎の妻ながら、「名もなき」女性として生きた「私」を語り部として、戦の愚かさ、女性の立場、秘められたキリスト教信仰、そして人間の尊厳を真正面から描く大河小説。
  • ファイルサイズ:3.5 MB
  • ファイル形式:pdf
ジャンル:
小説・エッセイ > 小説 > 歴史
ダウンロードするには、会員登録・ログインが必要です。

著者プロフィール

1950年、大分県国東半島に生まれる
1975年、九州大学医学部卒業
九大第1外科入局後、九州大学外科系大学院に入学、1980年に卒業
福岡日赤病院、九州厚生年金病院を経て、アメリカ・クリーブランドクリニック消化器科留学
その後、東国東総合病院、宇佐高田医師会病院などを経て、現在、外山胃腸病院院長
医学博士

※この情報は、初版刊行時のものです。

この作品に対する評価

評価した人の総数:0人 オススメ総数:0

この作品に対するコメントを書き込むには会員登録・ログインが必要です。