文芸社のオンライン・ライブラリみんなの本町

文芸社HP

キーワードで作品検索

キーワードを入力
 
作品ジャンルで絞り込む

作品ジャンルから探す

SSL Certificate
『みんなの本町』における情報通信は
COMODOのSSLにより保護されています。

    • Library
      組版データをベースにPDF化した作品
    • Archive(ファイルサイズ 大)
      紙の本をベースにPDF化した作品
白馬 我がうた

本山幸子(もとやまゆきこ)

評価した人の総数:1人 オススメ総数:(4コ)★★★★
この作品に対する評価を見る

作品紹介

長野県白馬村に生まれ、結婚後東京に住みそこで戦時を過ごし、50歳でアルツハイマー病を発症、20年間病んで亡くなったひとりの主婦が遺した短歌を遺児がまとめた歌集。<ふと覚めし夜半のうつつに幼子の如くに母の名を呼びてゐし><ころころと笑へば日ざしもゆらぐごと子のゐるひるの部屋の明るさ><夢に立つ征きしままなる弟は何時も軍服着て寂しき笑顔す><日に幾度庭に降り立つ我ならむ声なき花の声を聞かむと> 病・子・戦・里・夫・我と6章に分類された歌の中から、一人の女性の喜び悲しみが立ちのぼってくる。
  • ファイルサイズ:2.2 MB
  • ファイル形式:pdf
ジャンル:
詩集・俳句・短歌 > 俳句・短歌 > 短歌
ダウンロードするには、会員登録・ログインが必要です。

著者プロフィール

大正4年生まれ
長野県白馬村出身
東京都在住後、昭和63(1988)年3月16日死去
「もっくり」「短歌人」会員

※この情報は、初版刊行時のものです。

この作品に対する評価

評価した人の総数:1人 オススメ総数:4

この作品に対するコメントを書き込むには会員登録・ログインが必要です。

最近ダウンロードされた作品