文芸社のオンライン・ライブラリみんなの本町

文芸社HP

キーワードで作品検索

キーワードを入力
 
作品ジャンルで絞り込む

作品ジャンルから探す

SSL Certificate
『みんなの本町』における情報通信は
COMODOのSSLにより保護されています。

    • Library
      組版データをベースにPDF化した作品
    • Archive(ファイルサイズ 大)
      紙の本をベースにPDF化した作品
短歌集 花百合

著・長尾英人/監修・長尾愛作(ながおひでと/ながおあいさく)

評価した人の総数:0人 オススメ総数:(0コ)
あなたが最初にコメントしてみませんか?

作品紹介

寝たきりの母に優しく香水と 息子の土産病む妻知るや/聞かせませわが愛妻のひとことを 神に祈りしそのひとことを(本文より)。著者は信仰を支えに、脳梗塞で倒れた妻の看護を18年間にわたり続けてきた。そのかたわら詠み溜めた200首余りの短歌が、著者の死後長男の監修により短歌集になった。妻への労りや家族への感謝、ひそかにこぼした涙や束の間の安らぎ……。数々の想いが、クリスチャンならではの視線でていねいに詠まれている。妻への愛情やキリスト教への思いの深さが読むほどに伝わってきて、胸が温かくなり、読み応えがある。
  • ファイルサイズ:1.3 MB
  • ファイル形式:pdf
ジャンル:
詩集・俳句・短歌 > 俳句・短歌 > 短歌
ダウンロードするには、会員登録・ログインが必要です。

著者プロフィール

●著者略歴
長尾英人(ながおひでと)
1911(明治44)年2月15日,鳥取県西伯郡日下に内田角二郎と潮しけのの次男として誕生。米子市角盤高等小学校卒業後,大工見習を経た後,棟梁として米子博愛病院,安来製鋼所寮,米子天使園等の建築に従事。後に国鉄米子検車区に入り,鉄道士として18年間勤務。1937(昭和12)年2月11日,長尾政太郎とふさの次女春江と結婚。3男(愛作,年紘,恵伍)1女(好枝)をもうける。
その後,病により退職したが,キリスト教の信仰により病気は全快し,1948(昭和23)年5月16日のペンテコステ記念日に,日本基督教団米子錦町教会佐畑清師より皆生海岸にて妻と共に洗礼を受けた。レイマン(信徒伝道者)として証しと伝道に勤しみ,後に茶道と短歌にも親しんだ。又,2級建築士と1級技能士の資格を取得して建築請負業に励み,日本基督教団米子教会牧師館,2教会の納骨堂,その他多くの一般家屋や茶室等の設計と施工に当たった。
しばらくの間入院闘病生活を送ったが,2005(平成17)年9月29日,鳥取大学医学部附属病院において永眠(本人の希望により献体)。享年94歳7ヵ月。

●監修者略歴
長尾愛作(ながおあいさく)
1938(昭和13)年3月14日,鳥取県米子市朝日町に長尾英人と春江の長男として誕生。米子幼稚園,米子市立啓成小学校,第一中学校から米子東高等学校,島根大学教育学部特音課程を経て東京芸術大学音楽学部委託科に2年間在籍。1950(昭和25)年4月9日のイースターに,皆生海岸で日本基督教団錦町教会佐畑清師より受洗。
卒業後は東洋英和女学院短大のピアノ専任講師,助教授となり,また日本基督教団鳥居坂教会オルガニストと聖歌隊の奉仕をした。次いで,宮城学院女子大学音楽科助教授,教授に就任。その後,鳴門教育大学附属実技センター音楽教授となる。その間に,東京バプテスト神学校神学科(通信科)を卒業。
1978年夏から翌年3月までインディアナ大学に留学,1990年4月コロンビア・パシフィック大学よりPhD(音楽教育)を取得。定年後は郷里米子でアイザック音楽研究室主宰として合唱指導や作曲活動をし,自作の各種音楽作品展等を開催。出版作品に,ピアノ曲集『9つの前奏曲』『四季』『エコーソナタ』(音楽之友社),「オルガンと会衆のための“ホサナ”」(社団法人日本作曲家協議会),他がある。

※この情報は、初版刊行時のものです。

この作品に対する評価

評価した人の総数:0人 オススメ総数:0

この作品に対するコメントを書き込むには会員登録・ログインが必要です。

最近ダウンロードされた作品

海からの手紙

作:長谷川和子/絵:篠原由佳梨

濃姫春秋 下巻

山本惠以子