文芸社のオンライン・ライブラリみんなの本町

文芸社HP

キーワードで作品検索

キーワードを入力
 
作品ジャンルで絞り込む

作品ジャンルから探す

SSL Certificate
『みんなの本町』における情報通信は
COMODOのSSLにより保護されています。

    • Library
      組版データをベースにPDF化した作品
    • Archive(ファイルサイズ 大)
      紙の本をベースにPDF化した作品
背中合わせに恋をして ─それぞれの思い、紡いで─

神崎光(かんざきひかる)

評価した人の総数:3人 オススメ総数:(13コ)★★★
この作品に対する評価を見る

作品紹介

前作『背中合わせに恋をして─そして、今、君は僕の傍にいる─』が出版されて1年。その完結編ともいえるサイドストーリーが完成した。十年の時を経て再会し、さまざまな障害を乗り越えて結ばれた葛城敬と高月美奈。この2人を温かく支えたまわりの人々の物語である。敬の親友柏木啓太と美奈の親友早野有希のカップル、美奈の両親の高月宗一、久恵夫妻、敬の弟の勇……。前作では語られなかった、それぞれの抱える悩みや恋の行方が生き生きと描かれている。前作と続けて読むとより一層楽しめる、素敵な恋物語。
  • ファイルサイズ:5.4 MB
  • ファイル形式:pdf
ジャンル:
小説・エッセイ > 小説 > 恋愛
ダウンロードするには、会員登録・ログインが必要です。

著者プロフィール

神奈川県出身、在住。

■著書
背中合わせに恋をして─そして、今、君は僕の傍にいる─」(文芸社2006年)

※この情報は、初版刊行時のものです。

この作品に対する評価

評価した人の総数:3人 オススメ総数:13

この作品に対するコメントを書き込むには会員登録・ログインが必要です。

  • 2016/07/12 投稿者:gotcha.n オススメレベル:★★★★

    作品をダウンロードして読んでみる(要会員登録・ログイン)。
  • 改めて読み直して…

    2015/11/30 投稿者:naomi オススメレベル:★★★★★

    高月夫妻、素敵過ぎます!
    改めて読み返し、夫婦のあり方を考えました。
    ふと、もしかしたら、こんなドラマチックな出会い方をした宗一と久恵でさえ、誰一人として抱えている問題が異なる他人だからこそ理解し合えずささいなことでぶつかったり、本意を押し殺して我慢していたり、気遣い合ったりして日常を重ねているのではないかと…
    何気ない日常の中で偶然と必然の繰り返した先にどんな未来が待っているのか楽しみにしたいと思います。
    個人的には、夫妻が子どもたちの式から帰宅後、非日常から日常に戻り、礼服を着替えるときの何気ないやり取りするシーンが好きです。
    家族の絆について考えたいとき、自分の心境の変化があったとき、また読み返したら違う発見があるかもしれません。どの登場人物の視点で読んでも楽しめると思います。

    作品をダウンロードして読んでみる(要会員登録・ログイン)。
  • 幸せな満足感

    2015/11/12 投稿者:ゆみゆみ オススメレベル:★★★★

    前作のあの時この方は、こんな風に考えていたんだ~と驚きや納得しながらどんどん読めます。
    作者の方は昭和生まれ?
    婚前交渉はまだ一般的ではなく結婚するまでは~な時代の男性陣 女性を大切に思いやっての事でしょう。でも相手は今時の高校生。積極的!
    性に対しての考え方が違うんでしょうね。
    でも私の子供が高校生で~と言われたらやっぱり反対するし、叱ると思います。
    ここに登場する母親はみんな賛成派
    男性陣ラッキーです。
    でも男性陣は自分に自信が無く奥手
    女性が…高校生の女性がリード?ん…いいのかそれでって思うけれどハッピーエンドで読み終わった後はちょっと幸せな気持ちになりました。

    作品をダウンロードして読んでみる(要会員登録・ログイン)。

最近ダウンロードされた作品