文芸社のオンライン・ライブラリみんなの本町

文芸社HP

キーワードで作品検索

キーワードを入力
 
作品ジャンルで絞り込む

作品ジャンルから探す

SSL Certificate
『みんなの本町』における情報通信は
COMODOのSSLにより保護されています。

介護・認知症

38作品

絶対にあきらめない! これが夢を叶える魔法の言葉

愛澤さとし
評価した人の総数:3人 オススメ総数:(14コ)★★★★
ジャンル:
医学・健康・看護・闘病 > 看護・闘病 > 介護・認知症
きのうまで元気だった中一の息子が、突然の脳出血で右半身麻痺になってしまった。その日もいつも通り陸上部の練習に出かけていった祐樹。学校からの連絡で病院に駆けつけると、脳出血による右半身麻痺で言葉もうまく…

夜勤ヘルパーの告白 ある老人ホームの人々

三峰知子
評価した人の総数:3人 オススメ総数:(13コ)★★★
ジャンル:
医学・健康・看護・闘病 > 看護・闘病 > 介護・認知症
入居者同士の愛憎。夫婦で入居、次第に不仲!? 日勤さん、夜勤さん、ヘルパーの格差・対立? 介護室を毎夜徘徊する人々……。そんな中でも、誰でも迎える「人生の終盤」を心安らに送っていただきたい──お世話す…

世界に一つしかないおしり 総排泄腔異常で生まれたチーからの贈り物

山中数実
評価した人の総数:2人 オススメ総数:(10コ)
ジャンル:
医学・健康・看護・闘病 > 看護・闘病 > 介護・認知症
「こんな小さな体で、よくここまで頑張ってくれた」そう思うだけでも胸が詰まった。私はチーから、「人間、頑張れば出来ないことはない」ということを教えられた気がした。──40万人に1人という総排泄腔異常で生…

ぬくもりを感じて 〜白血病が私に教えてくれたこと〜

麻田紗生
評価した人の総数:2人 オススメ総数:(10コ)
ジャンル:
医学・健康・看護・闘病 > 看護・闘病 > 介護・認知症
2003年12月、著者はリビングで倒れ救急車で病院に運ばれる。検査の結果、病名は“急性骨髄性白血病”……辛い、辛い日々の始まりだった。──病気を宣告される前の何気ない家族との日常、そして「家族みんなで…

ナッチの日記

高橋秀子
評価した人の総数:2人 オススメ総数:(10コ)
ジャンル:
医学・健康・看護・闘病 > 看護・闘病 > 介護・認知症
2002年6月10日、体重3938g、身長55センチ、産院でもひときわ大きく生まれ有名人だった女の子。ニックネームは「ナッチ」。しかし、ナッチは先天性の滑脳症、脳のしわが少ない障害をもっていた。以来、…

本当の自分を求めて PTSD闘病記

かすみ
評価した人の総数:1人 オススメ総数:(5コ)★★★★★
ジャンル:
医学・健康・看護・闘病 > 看護・闘病 > 介護・認知症
「つまずいたら/黙って手を差し伸べてください/そしたら自分の足で立って/また歩き出します/私の心の声に耳を傾けてください/そして/あなたの心のぬくもりをください」と、著者は魂の奥底から、こう訴える。あ…

明珠 本当に大切なもの

津村英成
評価した人の総数:1人 オススメ総数:(5コ)★★★★★
ジャンル:
医学・健康・看護・闘病 > 看護・闘病 > 介護・認知症
突然、著者を襲った理不尽な暴力により、穏やかで幸せだった日常は奪われた。利き手である右手の自由を失い、仕事、描いていた夢を見失った。後遺症、生活に苦しみ、救いであるはずの裁判が追い討ちをかける。傷害事…

友美子からのメッセージ 小児脳腫瘍と闘った娘が教えてくれたこと

阿部妃代
評価した人の総数:1人 オススメ総数:(5コ)★★★★★
ジャンル:
医学・健康・看護・闘病 > 看護・闘病 > 介護・認知症
漸く授かった友美子が13歳で小児脳腫瘍を発病。最後まで「私はがん?」「死ぬの?」「恐い!」と言わずに懸命に病と闘い、中学を卒業し念願の高校にも受験して合格。友達に恵まれ支えられて、前向きに、人を思いや…

730日のうまれかわり 生体肝移植で得た愛と希望

橋詰妙子
評価した人の総数:1人 オススメ総数:(5コ)★★★★★
ジャンル:
医学・健康・看護・闘病 > 看護・闘病 > 介護・認知症
“原発性胆汁性肝硬変”と診断された著者はその13年後、「余命3ヶ月の数値です」という衝撃の宣告を受ける。残された道は肝臓の移植手術のみ。目の前が真っ暗になった著者に、「絶対に助けてやる…!」と、夫はド…

RESTART 仕切り直し

気心遊平
評価した人の総数:1人 オススメ総数:(5コ)★★★★★
ジャンル:
医学・健康・看護・闘病 > 看護・闘病 > 介護・認知症
生まれつき下肢に障害を持ち、車椅子生活を送る著者は、仕事上の悩みからうつ病になり、職場を休職した。時期を同じくして母が倒れ、その後、認知症の症状が見え始めたため、著者は母の介護もしなければならなくなっ…