文芸社のオンライン・ライブラリみんなの本町

文芸社HP

キーワードで作品検索

キーワードを入力
 
作品ジャンルで絞り込む

作品ジャンルから探す

SSL Certificate
『みんなの本町』における情報通信は
COMODOのSSLにより保護されています。

童話・絵本・漫画・画集・写真集

138作品

海からの手紙

作:長谷川和子/絵:篠原由佳梨
評価した人の総数:12人 オススメ総数:(48コ)★★★★★★★★★★★★
ジャンル:
童話・絵本・漫画・画集・写真集 > 童話・絵本・漫画 > 童話
普通の女の子より声が低い。ただそれだけの理由で、小学生のよし子は「男みたいだ」といじめられていた。同級生たちの目を避け、心を閉ざし、次第にだれとも話さなくなるよし子。そんな時、学校帰りに立ち寄った海辺…

シャーロット

渚水帆
評価した人の総数:9人 オススメ総数:(25コ)★★★★★★★
ジャンル:
童話・絵本・漫画・画集・写真集 > 童話・絵本・漫画 > 童話
デビュー作でファンサイトが立ち上がり、ブログも大人気の超ネット有名人、“阪大のアイドル”渚水帆の新作は、優しくて、切なくて、ちょっぴり不思議な「愛」の童話集。「王子さま、その胸にわたしを抱きしめてくだ…

ココロのデザート ─がんばりすぎた日の、夜11時に味わう本─

こたべ早苗
評価した人の総数:5人 オススメ総数:(22コ)★★★★
ジャンル:
童話・絵本・漫画・画集・写真集 > 画集・写真集 > 詩画集
疲れた体にしみこむあま〜いSWEETSのように、美しい写真と極上のことばで心の疲労を溶かしてくれる、そんな本ができました。「たまにはね/明日を向いて/ずる休み」「いちばんの/勇気は/まっすぐ/前を向い…

おうちがごみやしきにへんしん

作:大西規子/絵:田中伸介
評価した人の総数:5人 オススメ総数:(21コ)★★
ジャンル:
童話・絵本・漫画・画集・写真集 > 童話・絵本・漫画 > 絵本
まい子は小学校3年生の女の子。まい子のママが、ひとつだけこまっていることがあります。それは、まい子が「おかたづけ」がとてもにがてなことです。ある日、ママがかぜをひいてねこんでしまうと、まい子のおうちは…

浮き世 チュー助物語

西村霞呆
評価した人の総数:5人 オススメ総数:(18コ)★★★★★★★★
ジャンル:
童話・絵本・漫画・画集・写真集 > 童話・絵本・漫画 > 童話
すでに寿命を半分生きてしまったと気づいたねずみはどうしたか。落ち込む? 考え込む? 世をすねる? 手近な誰かに相談する? 今一番むずかしいのは案外、「にぎやかに生きる」ことなのかもしれない。ねずみ、り…

コロとおばあちゃん

山下節子
評価した人の総数:4人 オススメ総数:(18コ)★★★★★★★★
ジャンル:
童話・絵本・漫画・画集・写真集 > 童話・絵本・漫画 > 童話
突然、山下家に来ることになったコロ介。しかし、おばあちゃんは「もう絶対犬はかわない」と決めていたのでした…。実話をもとに、犬とおばあちゃん、そして温かい家族たちを描いたハートフル物語。『コロ介は出逢っ…

おばけとサンタ

文:鈴木聖/絵:鈴木智江
評価した人の総数:4人 オススメ総数:(15コ)★★★★★
ジャンル:
童話・絵本・漫画・画集・写真集 > 童話・絵本・漫画 > 絵本
クリスマスの前夜、サンタはプレゼントを配る準備で大忙しです。そこへおなかをすかせたおばけのカプリがやってきて、サンタの袋を奪おうとします。サンタはプレゼントを守れるでしょうか──。大胆で生き生きした絵…

冬鳥の行動記 Ethology of Wild Ducks

八木力
評価した人の総数:3人 オススメ総数:(13コ)★★★
ジャンル:
童話・絵本・漫画・画集・写真集 > 画集・写真集 > 写真集
シベリアなどの繁殖地で短い夏を過ごした後、日本に飛来して越冬する「冬鳥」のカモ。身近で見られるこの鳥の生態を撮影し、12の行動様式に分類し、解説を加えた写真集である。日頃見なれたカモの「水浴び」や「伸…

おめでとう ─さいごのゆきのひ─

作:水月史/絵:五十嵐こずえ
評価した人の総数:3人 オススメ総数:(12コ)★★
ジャンル:
童話・絵本・漫画・画集・写真集 > 童話・絵本・漫画 > 絵本
「ゆきは とけるものなのです。とけて きえてしまうまで すてきなものを ごらんなさい。たくさんたくさん ごらんなさい。」その冬、最後の雪の日、冬の女神に見送られ、ゆきんこは風に乗って旅に出た。大きな白…

大きな街の小さな木

作:瀬川久光/絵:五十嵐こずえ
評価した人の総数:3人 オススメ総数:(11コ)
ジャンル:
童話・絵本・漫画・画集・写真集 > 童話・絵本・漫画 > 絵本
山から運ばれ、都会の交差点に植えられた一本の木。都会の人々は忙しそうに歩き回り、木のそばで足を止める人は誰もいない……。著者は、毎日見かける1本の木をモデルに物語を書き上げた。誰の目にもとまらないけど…